6月26日(水)明日の日本を神奈川から考えるつどい 収録動画


6月26日に行いました「明日の日本を神奈川から考える集い」の収録動画です。
第一部と第二部に分かれています。
貴重な講演です。是非ご覧下さい。

第一部は寺島実郎氏による「これからの日本のリベラルを考える」と題した講演です。
交易立国である日本が直視・直面しなければならない諸課題を、世界情勢に精通する寺島実郎氏が語ります。

≪第一部(基調講演):寺島実郎氏「これからの日本のリベラルを考える」≫

第二部は寺島実郎氏に加え、水野和夫元内閣府官房審議官、山口二郎北海道大学教授によるパネルディスカッションです。コーディネーターは岡眞人横浜市立大学名誉教授です。
市場を通じて資本の自己増殖を図るのが資本主義であるが、ではなぜこの資本主義が世界で支配的なシステムになりえたのかをガリレオガリレイの時代から振り返りながら、資本の投資先がなくなりサイバー空間を手に入れた現代の私たちが成長なき時代をどのように生きるかを説く水野氏、国民的常識を包括する政党政治を現在の日本は失っている、公正な分配のために国家権威主義の保守と中道リベラルの共生とが拮抗して対峙することが必要、そして若者たちに世の中の正しい秩序・正義感や倫理観を伝えることが大人の使命と説く山口教授。寺島実郎氏を交え、政治・経済の白熱した議論が展開されます。

≪第二部(パネルディスカッション):水野和夫氏「アベノミクスで本当に経済がよくなるか」、山口二郎氏「今、私たちに求められていること」、寺島実郎氏、コーディネーター岡眞人氏≫